アイコン 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録のイメージソング(応援歌)「海があまりに碧いのです」。発表会の報告と御礼!

 

 

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録のイメージソング(応援歌)「海があまりに碧いのです。」発表会の報告と御礼!

平成18年(2018)6月30日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されたが、登録されてからの盛り上がりが今一、実感として湧いてこない。

そんな中、去る4月16日(火)午後6時30分~長崎ANA全日空ホテル(グラバー園入口)に於いて「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録のイ メージソング(応援歌)「海があまりに碧いのです(作詞・清志郎・作曲・桜井すずめ)」の発表イベントの歌謡ショーが開かれた。

0504a.jpg

スポンサード リンク



0504b.jpg

0504c.jpg

長崎市のシンガーソングライター桜井すずめさん(38)が作曲、政治ジャーナリストの田勢康弘さんが作詞している。

動画1

https://www.youtube.com/watch?v=0G7vrmW2x7M

歌はバラード調で、潜伏キリシタンの苦労や、平和を祈る気持ちが盛り込まれている。田勢さんは歌唱力や作詞、作曲を競うコンテストを主宰しており、昨年の作曲部門に応募・採用された桜井さんの楽曲に田勢さんが(清志郎)のペンネームで詩を付けた。

タイトルは、長崎市東出津町の遠藤周作文学館近くにある文学碑「沈黙の碑」に刻まれている遠藤の言葉から引いている。

文学館を幾度となく訪れたという田勢さんは「外海の海が大好きで遠藤周作の大ファン。創作意欲が湧いた」、桜井さんは「歌でより記憶に深く残る。もっと多くの人に長崎のことを知ってもらうきっかけになれば」と話している。

歌うのは桜井さんで、現在音楽配信サービス「レコチョク」で購入できるほか、6月にはCD(メロディーレコーズ、1000円)化も決定している。【毎日新聞:2019(平成31年)4月26日・加藤小夜】

0504d.jpg

0504e.jpg
長崎新聞記事

桜井すずめさんは他にもインディーズ時代に大きな反響を呼んだ「ながさき…」や「女ひとり…港」
そして、すずめ節が炸裂の「当たって勝ち取れ!人生は!」の3曲が収録されている。

歌謡ショーには河村泉兵衛氏がゲスト出演し、歌謡ショーを盛り上げていた。

0504f.jpg

動画2

https://www.youtube.com/watch?v=ECrFtIp06yo&list=RDECrFtIp06yo&start_radio=1

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録について中村法道長崎県知事は「登録は世界へ向けた平和のメッセージであり、遺産保護のため地域活性化に尽力したい」と英語で述べている。

また、ユネスコ日本政府代表部大使・山田滝雄は「今までの日本の世界遺産の中で一番ストーリー性が強い資産である」と述べている。

長崎県はこれからもっともっと「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を大事にしていかなければ、せっかく登録された世界文化遺産がもったいない。

今回の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録のイメージソング発表会に参加してくれた皆さま、また協力いただいた企業にはこの場を借りて心から御礼申し上げます。

協力いただいた企業(あいうえお順)

イナズマ電気・浦川商事・大石建設・西海建設・三基・サンケイ(丸田たかあき)上滝・沖縄真興・唐津自動車学校・黒瀬建設・九電工・九州ガス・長崎西部・ 長崎土建・谷川建設・喫茶・タフト・竹下プロパン・竹下建設・松浦重機・丸栄組・マリン・ワークス・美西・ヘアーモード・ヤマシタ・Wひびき・平田・ヒデ トク・ユウシン・山内工業・カフェレストラン・KIZUNA・カラオケの店すずめ。長崎県世界遺産課の皆さん等。

スポンサード リンク
[ 2019年5月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ