アイコン 佐世保市立学校空調設備整備の事業者が選定され、結果が公表されました。その2

 

 

投稿者=佐世保市政・地獄耳

今回、佐世保市教育委員会(教育長・西本眞也)が発注した「佐世保市立学校空調設備整備事業」は市内の市立小中学校すべての教室(903教室)にエアコンを導入するもので、設計施工一括方式(DB方式)で発注、予定価格は約27億円です。

0522_01.jpg

これが、長崎市だと約50億円の事業です。

スポンサード リンク

長崎市は10ブロック単位での発注になるでしょう。

五島市は約3億円の予算で少ない仕事は機会均等ということで各学校別単位での発注です。

何故、佐世保市だけは(903教室)一括の設計施工一括方式(DB方式)で発注したのか、何故、元佐世保市議の永山正幸氏は4月の市議選に出馬しなかったのか、今回の佐世保市教育委員会(教育長・西本眞也)が発注した「佐世保市立学校空調設備整備事業」とどんな関係があるのか検証してみたいと思います。

それと、エアコンを導入なら、ふつう佐世保管工事協同組合ではなく、電気工事業組合ではないかと思うのは地獄耳だけでしょうか。

長崎県電気工事業工業組合
http://nagasakikoso.com/

佐世保電気工事業協同組合
http://sasebo-denki.com/

 
[ 2019年5月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ