アイコン 令和元年初の見事な官製談合の完成(長崎市新庁舎建設建築工事)4月の市長選の論功行賞?

 

 

長崎市には「総合数値」の高い悪知恵に長じた曲者がいる。

0530_01.jpg

田上課長市長の上司で曲者の三藤副市長

平成31年4月23日に公告された「長崎市新庁舎建設建築工事」の応札が令和元年5月31
日〆切られる。

スポンサード リンク


長崎市公告契第3-155号

下記の建設工事について、制限付一般競争入札を行いますので、地方自治法施工令(昭和22年政令」第16号)第167条の規定に基づき次のとおり公告します。

平成31年4月23日
                                  
                             長崎市長 田上 富久

田上
4選を果たして性根の悪さが益々顔に出てきた田上課長市長

1入札に付する事項

(1)工事番号 02312011

(2)工事名  長崎市新庁舎建設建築工事

(3)工事場所  長崎市魚の町4番1の一部、4番100の一部

(4)工 種   建築一式

(5)~(12) は、どうでもいいから省略

大事なのはここから

(13)落札者決定方式  本工事は、技術力に係る資料(以下「技術資料という。」)の提出を受け付け、価格以外の要素と価格を総合的に評価して落札者を決定する総合評価落札方式(技術提案型)を適用した工事である。

でた~あ~長崎市お得意の「総合評価落札方式(技術提案型)」である。

田上富久という市長はのぺ~とした顔をしてやることは中々エグイ。

長崎市民の市政への無関心をいいことにしてやりたい放題である。

長崎新市立病院事業者選定・腐敗した田上市長の「官製談合」特集
http://n-seikei.jp/2010/12/post-1573.html

長崎市民病院の落札に新たな疑惑浮上か?(1)
http://n-seikei.jp/2011/08/1-20.html

先ずエントリー企業体を紹介する。

清水・西海・長崎土建企業体

鹿島・上滝・谷川企業体

大成・森美・大建企業体

長崎県新庁舎建設建築工事入札で谷川建設とJVを構成し、谷川・金子両国会議員の強力な支援を受けながら鹿島・上滝JVに敗れ去った大林組の名前が無いのが悲しい。

大林組・清水建設、民間土木工事で120日間の営業停止処分 リニア談合巡り
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40182740Y9A110C1EA6000/

誰もが注目したのが、大林組と企業体を構成して長崎県新庁舎建設建築工事入札のリベンジに燃えるだろうと予測していた谷川建設がどの企業体に潜り込むかだった。

さすがの谷川建設も大成企業体の森美の下は嫌だろう、清水は西海とがっちり組んでいる。
それなら鹿島・上滝は長崎県新庁舎建設建築工事入札では憎き仇だったが、最近は駅前のMICE建設工事・新大工町の玉屋のマンション開発工事でJVさせて頂いてる関係もあることだし、とういことで鹿島・上滝企業体に「総合数値」20点を手土産に上手に潜り込んでる。

今回の「総合評価落札方式(技術提案型)」の決め手(悪知恵)は「総合数値」である。
この「総合数値」というのは長崎県発注の入札の入口では配点は付かない。

長崎県でも付かない「総合数値」が田上長崎市では悪賢く付けている。

例えば、清水・西海企業体の3番目に付いてる長崎土建の「総合数値」は18点である。
大成・森美企業体の3番目に付いてる大建の「総合数値」は15点と低い。
ところが、なんと鹿島・上滝企業体の3番目に付いてる谷川建設の「総合数値」は22点である。

谷川
総合数値以上に性根が悪い谷川弥一衆議院議員(谷川建設会長)

因みに、清水30点、鹿島30点、大成30点、西海が20点、上滝でも20点である。

1点が6000万円だから清水・西海・土建企業体は既に1億2000万円のハンデキャップが付いている。

大成・森美・大建に至っては5点、3億円のハンデキャップを付けられての入札である。

これだけみても、既に落札企業体は鹿島・上滝・谷川建設企業体で決まりと言う令和元年初の見事な官製談合の完成である。・・・・・②に続く。

 
[ 2019年5月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ