アイコン メキシコ緊急着陸 死亡したUDO・N 体内から246個のコカイン包

 

 

メキシコの司法当局は、コロンビアのボゴダから成田空港に向かう旅客機の機内で死亡し、メキシコの空港に緊急着陸した日本人の男性の体内からコカインが入った袋、246個が見つかったと発表し、男性が密輸に関与した可能性があるとみて詳しい経緯を捜査する方針。

メキシコ北部ソノラ州の司法当局は26日、旅客機の機内で死亡した日本人男性UDO.N(42)の胃や腸から大量のコカインが見つかったことを明らかにした。
コカインは長さ2.5センチ、幅1センチのプラスチックラッパー246個に小分けされていて、死因は薬物の過剰摂取によるものとみられている。

スポンサード リンク

元当局によると、死亡した男性f、南米コロンビアの首都ボゴタからメキシコシティーに入り、今月24日に成田空港に向かう旅客機の機内でけいれんを起こし、ソノラ・エルモシヨ空港に緊急着陸、その後、死亡が確認されたという。
当局は、男性がコカインの密輸に関与した可能性があるとして、今後、連邦政府と協力して詳しい経緯を捜査する方針。
以上、

異常、日本のコカインもえらく国際的になったものだ。日本に需要者がそれほど多いということを物語っているのだろう。ヤクなしにはやってられないようでは日本は沈没する。これまたタイのかけ子同様運び屋にされた多重債務者なのだろうか。

0527_11.jpg

 
[ 2019年5月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ