アイコン 長崎市 米国の臨界前核実験に抗議の座り込み

 

 

アメリカがトランプ政権で2回目となる核爆発を伴わない「臨界前核実験」を行っていたのが明らかになったことを受けて、長崎市の平和公園では被爆者らが抗議の意思を示すために座り込みを行った。

今回の座り込みは、長崎への原爆投下が昭和20年8月9日だったことから、毎月9日に長崎市の平和公園で核兵器廃絶を求める座り込みを行ってきた「原水爆禁止長崎県民会議」などが呼びかけた。

以上報道より参照

来月2日の日曜日には、核実験が行われるたびに抗議の座り込みを行っている「核実験に抗議する長崎市民の会」も、平和公園で座り込みを行うことにしている。

 

スポンサード リンク
 

0529_01.jpg
 

臨界前核実験に抗議の座り込み

05月28日 16時04分

アメリカがトランプ政権で2回目となる核爆発を伴わない「臨界前核実験」を行っていたのが明らかになったことを受けて、長崎市の平和公園では被爆者らが抗議の意思を示すために座り込みを行いました。

今回の座り込みは、長崎への原爆投下が昭和20年8月9日だったことから、毎月9日に長崎市の平和公園で核兵器廃絶を求める座り込みを行ってきた「原水爆禁止長崎県民会議」などが呼びかけました。

スポンサード リンク
 

[ 2019年5月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ