アイコン 今週のアクセスが多かった倒産・ニュース<7月21日~>

 

 

今週のアクセスが多かった倒産・ニュースを紹介。

今週、もっとも注目された記事は、(株)小松屋の倒産記事。

0728_01.jpg

一般ニュースで注目されていたニュースは、先週に引き続き吉本興業関連ニュース。

芸人本人らの記者会見後、社長の元ダウンタウンのマネージャーであった岡本社長が記者会見を開いた。

なにを話すのか期待が集まる中、あまりにもグダグダっぷりにさらに混迷を深める結果に。

ことの発端の宮迫氏はそのまま吉本から退くという報道がされ、吉本お家騒動はまだまだ収束は遠いようだ。

 

 

 

 

スポンサード リンク
   

天保3年創業の(株)小松屋(山形)/自己破産へ

老舗和菓子屋の(株)小松屋(所在地:山形県酒田市日吉町***)は7月22日、同日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

負債総額は約1.6億円。

 

韓国威嚇射撃 ロシア軍事専門家「韓国の行為、悲劇的な結果へ」

ロシアの国防省は、韓国軍のF-16戦闘機が、ロシアのTu-95MS戦略長距離爆撃機の進路を通過し、彼らの安全に対する脅威を生み出したと発表した。ロシア航空宇宙軍の戦略爆撃機2機は、日本海の中立海域で飛行訓練を実施していた。ロシア軍機が、竹島(韓国:独島)領域にあったとき、ロシア軍機のパイロットが、非プロの機動を実行し始めた韓国軍の戦闘機によって接近され、予定外の飛行をせざるを得なかったとしている。

 

Hybrid Mind Marketの(株)GG7(東京)/破産手続き開始決定

アニメ・ゲームのキャラクター商品企画制作と小売の(株)GG7(所在地:東京都港区北青山***)は7月19日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約1.8億円。

 

まるで北朝鮮 韓国首相 予期せぬ事態発生すると日本に警告

元々ロウソク民心に火を付けて回り誕生した文在寅政権、経済失策と糞詰まりの北朝鮮により、政治どころか、その火を日本に向けさせているに過ぎず、火が付いたロウソク民心隊に対して韓国政府は、韓国進出の日本企業への襲撃や建屋を打ち壊させるとでも言うのだろうか。

韓国の李洛淵首相は25日、日本政府の輸出管理強化措置について「万一、日本が状況をさらに悪化させれば、予期せぬ事態につながる恐れもある」と警告した。

 

(株)さと(大阪)/破産手続き開始決定

(株)さと(所在地:大阪市阿倍野区天王寺町南*** )は7月11日、大阪地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

自己チュー韓国 WTOで日本批判を展開 糸を絡め複雑にするばかり 足元では

韓国政府は24日(現地時間)、スイス・ジュネーブで開かれた世界貿易機関(WTO)の一般理事会で、日本の韓国に対する輸出規制措置を強く批判し、同措置がWTOのルール違反であることを加盟国に強調した。

韓国政府の首席代表として出席した産業通商資源部の金勝鎬新通商秩序戦略室長(WTO水産物で日本に逆転勝訴、その代表が急遽新部署を設けてもらい、WTOへ代表になり乗り込み鼻息も荒い。実際は30代女性の成果とされている)は、過去に政治的な貿易報復があったために、多国間貿易体制がつくられた点を強調しながら、「韓国は半導体を主導する国だが、日本の措置のために第三国と何も罪のない消費者たちが被害を受ける恐れがある」と加盟国に訴えた。

[ 2019年7月28日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ