アイコン エベレストは大渋滞 今シーズン11人死亡

 

 

世界最高峰のエベレスト(標高8848メートル)に挑んだ登山家が、また1人死亡した。これで今シーズンの死者は11人になった。
ネパール観光局によると、27日に死亡した米国人のクリストファー・ジョン・クリッシュさん(62)はネパール側から入山して頂上に到達。下山を始めてこの日夕刻、サウスコル(標高約7900メートル)に到着した後に急死した。

27日にはオーストリアの登山家アーンスト・ランドグラフさん(64)の遺族も、ランドグラフさんが23日に死亡したことを確認した。やはりエベレスト制覇の夢をかなえた直後の急死だった。

エベレストは登山者が急増し、「死のゾーン」と呼ばれる危険区域で大行列ができていた。そうした渋滞状況に警鐘を鳴らしていた英国人登山家も、25日に下山途中で命を落とした。
5月20日の週には、標高8000メートルの地点にあるキャンプから、頂上まで続く登山者の長い行列ができていた。

スポンサード リンク

ベテラン登山家のデービッド・モートンさんはチベット側のベースキャンプでCNNの取材に応じ、「登山家の経験不足だけでなく、登山家を支える側の経験不足にも大きな問題がある」「特にネパール政府は、入山者の数を制限していないことから、そうした状況を招く条件はそろっている」と指摘する。(入山料を徴収しており、大儲けしていることにある、)

「好天だった24日、我々がいた頂上から100メートルほどの地点では、チベット側から頂上を目指す人が30~40人くらいいた」とモートンさんは証言。エベレスト登山ツアーを運営する業者を認可制にすべき潮時だと述べ、そうした業者に登山者の審査を担わせるべきだと訴えている。
以上、CNN参照

 大渋滞で長時間、空気が希薄な地にとどまることから疲労と高山病であろうか。体を慣れさせてから、徐々に頂上を目指すことなど、費用と時間的にも余裕がないのだろう。

エベレストでは、こうした大量に押し寄せる登山客が残した廃棄物が大問題となっている。ほとんどが欧米人だろうが、持ち帰れ!

0529_06.jpg

 
[ 2019年5月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ