アイコン リアーナの資産6億ドル女性ミュージシャンで最高 男性Jay Z10億ドル

 

 

米経済誌フォーブスは4日、歌手のリアーナ(Rihanna)(31)が保有資産を6億ドル(約650億円)に増やし、世界で最も裕福な女性ミュージシャンになったと報じた。

リアーナは、音楽活動の他に化粧品ブランドの起業や下着のデザインも手掛け、最近では大規模な高級ブランドのトップを務める初の黒人女性ともなっている。

スポンサード リンク

カリブ海の島国バルバドス出身で、本名をロビン・リアーナ・フェンティというリアーナは、

マドンナ保有資産5億7000万ドル
セリーヌ・ディオン4億5000万ドル、
ビヨンセ4億ドルを超える富を築いた。
同誌は前日、ビヨンセの夫でラップ歌手のジェイ・Z(Jay Z)(49)の保有資産がヒップホップ界で初めて10億ドル(約1080億円)を超えたと伝えている。
 リアーナは2003年の活動開始以降、音楽業界だけでなくビジネスでも成功を収め、2017年9月にはLVMHモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)と共同で化粧品ブランド「フェンティ・ビューティー(Fenty Beauty)」を立ち上げた。
同ブランドは、特にオンラインとオフライン両方でのリアーナの知名度が追い風となり成功を収め、事業立ち上げからわずか1年3か月がたった2018年の売上高は5億7000万ドル(約620億円)に上った。

 フォーブスによると、リアーナさんは収入の多くをツアーや楽曲販売から得ているが、下着ブランド「サヴェージ X フェンティ(Savage X Fenty)」の共同所有者でもある。
先月には仏パリで衣料品や靴、アクセサリーを手掛ける高級ファッションブランドを立ち上げるためLVMHと画期的な提携関係を結んだ。
以上、AFP
0605_03.jpg

 
[ 2019年6月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ