アイコン FCA ルノーとの統合案撤回 マクロンによる日産糾合が先か

 

 

FCA=フィアット・クライスラーは5日、日産自動車と提携するフランスのルノーに対して行っていた経営統合の提案を撤回したと発表した。
フィアット・クライスラー(FCA)は、フランス政府の対応を撤回の理由に挙げた。

フィアット・クライスラーは5日、ルノーが経営統合の提案を協議する取締役会を終えた直後に撤回を発表した。
発表によると、フィアット・クライスラーは、提案撤回の理由について「フランスの政治状況が統合を円滑に進める状態になかった」としている。

ルノーに対するフィアット・クライスラーの対等合併による経営統合提案は、統合によってルノーと合わせ、うまくいけば日産・三菱とも連合し、販売台数で世界1位、FCAとルノーだけでも世界3位の規模を目指すものだった。

スポンサード リンク

これに対して、ルノーの筆頭株主であるフランス政府のルメール経済相は、経営統合については、ルノーと企業連合を組む日産自動車の支持が第一条件だという考えを重ねて示していた。
こうしたことから、統合に慎重な姿勢の日産を重視したフランス政府の対応が、フィアット・クライスラー側の統合提案に影響したのではないかという見方も出ている。

ルノーとフィアット・クライスラーの統合の協議は、日産の経営にも影響を与えるとして注目されていたが、ひとまず、白紙に戻った。
以上、

フランス政府はあくまで、日産をルノーの完全子会社にする方策に変わりない。それはマクロン大統領が、当時は恥をかかされた産業大臣時代からの個人的執念に基づくものによる。日産を餌食にしている。

統合において、日産を入れた場合、ルノーの権限が増し、入れなかったら、FCAが有利に進めることになる。

FCAは、フィアット創業者のアニエッリ家(イタリア・トリノ)の投資会社であるエクソールが、株式の約3割(議決権ベースで4割以上)を保有している。

0606_08.jpg

 
[ 2019年6月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ