アイコン オリオンビール 営業無許可で商品24万本自主回収

 

 

オリオンビールはチューハイの製造を委託している業者が営業許可を取得していなかったとして、5日からおよそ24万本の自主回収を始めた。

オリオンビールによれば、製造を委託していた本部町の「沖縄ボトラーズ株式会社」が、保健所に酒類の営業許可を取得しないまま製造していたという。

オリオンビールはNHKの取材に対し、「このたびは皆さまに多大なご迷惑をおかけし、大変申し訳ありません。今後は、弊社および製造委託先も含め、コンプライアンスの強化に努めます」と話している。

以上報道より参照

オリオンビールが自主回収を始めたのは、WATTA リラックスシークヮーサー 350ミリリットル、WATTA STRONG DRY シークヮーサー 500ミリリットル、WATTA STRONG フルーツシークヮーサー 500ミリリットルの3種類となっている。

購入した消費者にたいしては、着払いでオリオンビール本社に送れば、後日、郵便為替で返金する。

 

スポンサード リンク
 

0607_07.jpg


オリオンビールが商品自主回収

06月06日 20時24分

オリオンビールはチューハイの製造を委託している業者が営業許可を取得していなかったとして、5日からおよそ24万本の自主回収を始めました。

スポンサード リンク
 

[ 2019年6月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ