アイコン 宜野湾 子どもが不発弾発見 投げて遊ぶ

 

 

先月30日に、宜野湾市で、男子小学生と中学生の2人が不発弾を投げて遊んでいたことが分かり、市の教育委員会などは不発弾のようなものを見つけても触らないよう注意を呼びかけているという。

宜野湾市の大謝名小学校の近くの畑の石積みで、この学校に通う男子児童と友人の男子中学生が不発弾を見つけたとのこと。

その後、2人は不発弾を用水路の水で洗ったあと、投げたり自転車のかごに入れて運んだりしたという。

以上報道より参照

普通に危ない。

戦地になってはや70年以上とはいえ、まだまだ危険であると啓蒙していかなければならないだろう。

 

スポンサード リンク
 

0607_05.jpg


子どもが不発弾投げて遊んでいた

06月06日 17時25分

先月、宜野湾市で、男子小学生と中学生の2人が不発弾を投げて遊んでいたことが分かり、市の教育委員会などは不発弾のようなものを見つけても触らないよう注意を呼びかけています。

先月30日、宜野湾市の大謝名小学校の近くの畑の石積みで、この学校に通う男子児童と友人の男子中学生が不発弾を見つけました。

スポンサード リンク
 

[ 2019年6月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ