アイコン 来年 北のミサイル発射探知追跡の早期警戒衛星打ち上げへ

 

 

政府は、北朝鮮の弾道ミサイル発射などを探知する早期警戒衛星の導入に向け、実証研究を行う方針だ。
菅義偉官房長官が12日の記者会見で「2020年度に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げを予定している先進光学衛星に防衛省が製造したセンサーを載せ、実証研究を行う予定だ」と語った。

日本は、北朝鮮の弾道ミサイル対処で、米国の早期警戒衛星の情報に頼っている。
日本独自の衛星導入について、菅氏は「同盟国との協力、代替手段、費用対効果を十分勘案した上で、要否は決めていきたい」と述べた。
以上、報道参照

スポンサード リンク

衛星のスパイ用など軍事衛星の利用には際限がないが、米中では地上でのレーザー兵器が実用化段階に入っている。

日本も、地上攻撃型ミサイルの装備段階、専守先制用ミサイルで、相手のミサイル発射の徴候だけ、発射装置をめがけて攻撃するという。発射の徴候だけで相手が発射しなかった場合も日本は攻撃することになる。いつもの言葉遊びだろうが、専守防衛などを取り払わない限り、こうした言葉遊びにより日本自体が中途半端になってしまい、逆に危険にさらすことになる。

日本は、敵の兵器を殲滅するために、宇宙空間に膨大な電池を打ち上げ、その電池を利用したレーザー砲を開発すべきではないだろうか。しばらくすれば、非接触充電のようにエネルギーを移動・移転することも可能になろう。地上であっても宇宙であってもレーザー砲ではピンポイント攻撃すれば、最低のエネルギーで敵陣の兵器を破壊することができる。宇宙船艦ヤマトでは波動エンジンや波動砲も搭載している。

 
[ 2019年6月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ