アイコン えびす堂の(株)テビス(東京)/破産手続き開始決定 

 

 

中古貴金属の買取販売「えびす堂」の(株)テビス(埼玉県鶴ヶ島市脚折町1-34-3、代表:平井裕藏)は6月7日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、長島良成弁護士(電話03-5276-1321)が選任されている。

スポンサード リンク
 

同社は平成6年9月設立の貴金属、アクセサリーの店頭買取および販売の「えびす堂」の運営会社。買取店や販売店を多店舗展開し、以前は10億円以上の売上高を計上していた。しかし、同業者の乱立や大手の進出により競争が激しくなり、平成26年9月期には5億円台まで売上高が減少、不採算店の撤退などリストラに務めていたが、財務内容は悪化を辿り、経営不振が続き、今回の事態に至った。

スポンサード リンク
 

[ 2019年6月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ