アイコン 追報:劇団「キャラメルボックス」の(株)ネビュラプロジェクト(東京)/破産手続き開始決定 負債5億

 

 

既報。演劇集団「キャラメルボックス」運営の(株)ネビュラプロジェクト(所在地:東京都中野区中央5-2-1 代表:加藤昌史)は6月19日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約5.2億円。

スポンサード リンク
 

同社は、昭和60年に創業、資本金は1000万円。

破産管財人には、永野剛志弁護士(03-3213-1081)が選任されている。

0626_02.jpg

 

既報記事
追報:(株)ネビュラプロジェクト(東京)/自己破産へ 劇団「キャラメルボックス」

同社は昭和60年創業の早稲田大学の演劇サークル出身者の成井豊氏らが旗揚げした劇団「演劇集団キャラメルボックス」の運営会社。俳優の上川隆也氏も一時在籍していた。以前は、公演や所属俳優のマネジメントも手がけ10億円以上の売上高を計上していた。

しかし、その後は、不況が続き、学生ら観客の余裕資金もなくなり、昨年1月期には5億円台まで売上高が落ち赤字経営に陥り、その後、キャラメルボックスの活動を休止させていた。

 

スポンサード リンク
 

[ 2019年6月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ