アイコン コンビニ24時間営業 オーナーの不利益を公取委調査へ

 

 

公正取引委員会の杉本委員長は25日、コンビニの24時間営業問題をめぐって、フランチャイズ加盟店からの事業環境の変化による営業時間短縮の要求を、本部側が一方的に拒否した事実を把握した場合、独占禁止法に基づいて厳正に対処する考えを示した。

コンビニの24時間営業をめぐっては、フランチャイズ加盟店の一部のオーナーから深刻な人手不足などを訴える声が出て、大手各社が見直しに乗り出している。

公正取引委員会では、24時間営業問題を含めコンビニの運営に関連して、加盟店側が不当な不利益を被っていないか、オーナーを対象としたアンケート調査を、この夏にも実施する方針。
以上、

スポンサード リンク

コンビニは地方にあってもスリランカやネパールの若者たちが店員やっている。大学とか近くにない地域は大変だろう。

コンビニでは、以前、弁当の賞味期限前の強制処分で対立していた。日本の低賃金政策に支えられ、ここまで成長してきたが、企業景気ばかり良くさせてきたことから、人手不足が生じ、実勢のバイト代は上昇、これに対して、国は、外国人労働者を大量に受け入れして、クリアーする政策に舵をきっている。

自然の成り行きさえ動かし、給与の上昇を押さえ込む政策が続く。

 
[ 2019年6月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ