アイコン また始まった北朝鮮のミサイル発射実験

 

 

韓国軍合同参謀本部の発表によると、北朝鮮は25日午前5時34分ごろと午前5時57分ごろの2回、東部の元山(ウォンサン)付近から日本海に向けて合わせて2発の飛しょう体を発射し、飛距離約430キロ、高度50キロ余りに達したという。

北朝鮮は今年5月4日にも元山付近から日本海に向けて複数の短距離の飛しょう体を発射し、5月9日には、金正恩委員長の立ち会いのもと、北西部から日本海に向けて複数の短距離弾道ミサイルを発射していた。

スポンサード リンク

なお、韓国文政権は、新型とされる短距離弾道ミサイルを、北朝鮮様を刺激したくなく「飛翔体」とし、その後やっと「短距離ミサイル」だったと認めたものの、「弾道ミサイル」とは認めていない。北朝鮮は認めてもらいたいようだが・・・。

このミサイル、日本へは届かず、韓国向けに開発したもののようだ。

0725_03.jpg

 
[ 2019年7月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ