アイコン 沖縄 児童など18人が犠牲になった宮森米軍機事故 60年慰霊祭

 

 

戦後、アメリカの統治下にあった沖縄で、小学校にアメリカ軍の戦闘機が墜落して、児童など18人が犠牲になった事故から30日で60年となり、現場となった小学校で遺族らが参列して慰霊祭が行われた。

事故の発生から30日で60年となり、現場となった小学校では、遺族や当時の在校生など400人以上が慰霊祭に参列した。

以上報道より参照

1959年6月30日、本土復帰前のアメリカの統治下にあった沖縄で、軍の戦闘機がうるま市の宮森小学校に墜落し、児童や近くの住民合わせて18人が死亡し、200人余りがけがをした事故。

未だ米軍基地があるため、被害者や関係者らは忘れることなく60年を過ごしてきたようだ。

 

 

 

スポンサード リンク
 


宮森米軍機事故から60年慰霊祭

07月01日 07時07分

戦後、アメリカの統治下にあった沖縄で、小学校にアメリカ軍の戦闘機が墜落して、児童など18人が犠牲になった事故から30日で60年となり、現場となった小学校で遺族らが参列して慰霊祭が行われました。

スポンサード リンク
 

[ 2019年7月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ