アイコン 5月の消費支出4%の高い伸び 一方、世帯収入も可処分所得も減少

 

 

総務省が発表した家計調査によると、5月に1人暮らしを除く世帯が消費に使った金額は1世帯当たり30万901円だった。

支出額は、物価の変動による影響を除いた実質で前年同月比4.0%増となり、6ヶ月連続で増加した。

伸び率が4%台となるのは平成27年5月以来で、4年ぶりの高い伸びとなった。

これは10連休で旅行などで外出した人が多くなったことから、宿泊費や交通費、それに外食への支出が増えたことや、5月下旬の記録的な暑さの影響によりエアコンや飲み物などの支出が増えたため。

一方、サラリーマン世帯の収入は、1世帯当たり45万7376円(世帯主356,949円+配偶者68,216円など)で、前年同月を実質で▲0.2%減少し、税金や社会保険料など差し引いた可処分所得は337,967円と実質で▲0.8%減少している。

 

スポンサード リンク

総務省は、10連休の効果が幅広い分野でみられたとし、消費の基調判断を「持ち直している」に4ヶ月ぶりに上方修正した。

以上、

 

 
[ 2019年7月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ