アイコン 名馬ディープインパクト 安楽死に

 

 

30日、武豊騎手とのコンビで知られる名馬ディープインパクトが17歳で死んだことがわかった。

ディープインパクトは平成14年3月25日に産まれた。

2005年(平成17年)に日本競馬史上6頭目の中央競馬クラシック三冠(無敗での達成は1984年のシンボリルドルフに次いで2頭目)を達成。

スポンサード リンク
 

2006年(平成18年)には日本調教馬としては初めて芝部門・長距離部門で世界ランキング1位となっている。

種牡馬としてけい養していた北海道安平町の社台スタリオンステーションによれば、ディープインパクトはかねて治療していた頸部の手術を28日に受け、手術は無事終了して術後の経過も安定していたが、29日の午前中に突然起立不能、30日早朝の検査で頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないことから安楽死の処置が取られたという。

ディープインパクト

スポンサード リンク
 

[ 2019年7月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ