アイコン ユニゾHD HISのTOBに反対表明 事前連絡なし ホテル業務も異なると

 

スポンサード リンク
 

ホテル事業を展開する「ユニゾホールディングス」は、大手旅行会社、エイチ・アイ・エス(HIS)によるTOB=株式の公開買い付けに反対すると表明した。

提携による相乗効果は期待できないとしていて、敵対的TOBに発展することになる。
ユニゾHDに対しては、HISが「ホテルを運営するノウハウを共有するなどして、双方の企業価値を高めたい」とし、株式の保有比率を最大で45%に引き上げることを目指し、先月11日にTOBの公開買い付け開始している。

これに対して、ユニゾ側は態度を留保していたが、6日のHISによるTOBに反対することを明らかにした。

理由について、ホテル事業は、ユニゾHDが、ビジネス目的の単身利用者をターゲットとする一方、HISは主に観光目的の利用で特徴が大きく異なるほか、TOBに関して事前の連絡がなく信頼関係がない状況で、相乗効果を発揮することは期待できないとしている。
そのうえで、株主に対しては、HISによるTOBに応じないよう求めている。

ユニゾHDがTOBに反対を表明したことで、今回の株式の公開買い付けは敵対的TOBに発展することになり、両社の対立が深まる。
以上、

ユニゾHDが強硬姿勢をとれば、増資し、HISの持ち株比率を減らす可能性も出てくる。
いくらなんでも、話し合いもせず、いきなりTOBをかけるとは、チト強引過ぎじゃありませんか、ハゲタカではあるまいし。資本の論理、買収されたくなければ上場するなは村上ファンド総帥の話し、もう老害の域に達したのだろうか。

[ 2019年8月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ