アイコン GPIFはビジネスに徹せよ、水野CIO弱気発言 日本株を買い支えてはならない

 

スポンサード リンク
 

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の水野弘道理事兼最高投資責任者(CIO)は20日、グローバル市場が非常にシンクロナイズ(同期化)された状況の下で、運用担当者はあらゆる資産クラスで損失を出す危険があると語った。

水野氏は米カリフォルニア州サクラメントで、GPIF(運用資産額約1兆5000億ドル=約159兆円)が、2018年10~12月期に株式と債券、為替ポジションで損失を出したと指摘した。
 
水野氏は、米最大の公的年金であるカリフォルニア州職員退職年金基金(カルパース)の理事会で、株式で損失を被る際には債券で利益が得られるというのが、ポートフォリオ分散の一般通念だが、GPIFがあらゆる資産クラスで損失を出し、為替差損も被る状況は、それまで起きたことがなかったと説明した。
 
 GPIFの2001~18年度の運用収益率はプラス3.03%。一方、カルパースは年間目標のプラス7%に対し、年間平均の運用実績はプラス6%強となっている。
 国内株式と国内債券を合わせると、今年3月末時点でGPIFの運用資産全体の半分以上を占めるが、多くの日本国債の利回りがマイナスとなり、日本株も2018年1月の高値からは下落している。
GPIFは、プライベート資産などに積極的に投資することで、伝統的な投資対象と相関性のないリターンを得ることを目指している。
オルタナティブ資産の基本ポートフォリオに占める割合の上限は5%に設定されている。
  水野氏は、公開市場と必ずしも相関性がないのは明らかという理由からプライベート資産やプライベート投資をどこも増やそうとしていると述べた。
以上、
 
GPIFは韓国でも7000億円前後投資運用している。
日本の株式市場を買い支えるのが、日本の国益になると政府でもないのにかつてに忖度して大きな勘違いをしたら、海外の巨額ヘッジファンドのおいしいカモになり、食われてしまうことだろう。

 

GPIF
20196月末の運用状況
投資構成
億円
比率
国内債権
432,620
26.93%
短期資産
81,788
5.09%
国内株式
377,642
23.50%
外国債券
290,030
18.05%
外国株式
424,606
26.43%
1,606,686
100.00%

 

GPIF運用額と収益状況
 
運用額
収益額
収益率
 
兆円
兆円
2008年度
117.62
-9.30
-7.57%
2009年度
122.84
9.20
7.91%
2010年度
116.31
-0.30
-0.25%
2011年度
113.81
2.60
2.32%
2012年度
120.46
11.20
10.23%
2013年度
126.57
10.20
8.64%
2014年度
137.47
15.30
12.27%
2015年度
134.74
-5.30
-3.81%
2016年度
144.90
7.90
5.86%
2017年度
156.38
10.10
6.90%
2018年度
159.21
2.40
1.52%
安倍政権は2014年10月31日から構成割合の目標値を国内債券35%、国内株式25%、外国債券15%、外国株式25%に変更し、株運用を倍増させた。

 

[ 2019年8月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ