アイコン 家電のノジマがスルガ銀行5%弱の株取得 スルガ複数企業と再建策協議と

 

 

家電量販店のノジマが9日までに、スルガ銀行の株式5%未満を取得したことが報道されている。
5%ルールは、株を5%超取得した場合、取得日から5日以内に財務局に通知する必要がある。
一昨年まで高収益の模範銀行とされたスルガ銀行は、投資用不動産向けの不正融資問題を受け、経営再建の途上にある。
ノジマが今後、株を買い増し、支援に名乗りを上げる布石となる可能性もある。
スルガ銀は昨年10月、シェアハウスなど投資用不動産に対する杜撰な融資で、金融庁から一部業務停止命令を受けた。同処分は今月12日に期限を迎えるため、事業再建に向けた外部支援の行方が注目されている。

スルガ銀行は10日、複数の支援企業と業務提携について、協議していることを明らかにする一方、「経営改善のため、複数の企業との提携等を含めたさまざまな選択肢を検討しているが、現時点で決定した事実はない」と、現時点で「資本業務提携を締結」したところはないとしている。
以上、
(スルガ銀行の場合、不動産担保融資の残高が異常に大きく、そうした分野に精通した企業しか再建はできないだろう。緩和とタレ流し継続の安倍政権までは不動産価格は天井、それ以降は・・・・)

スポンサード リンク

昔から、ポロ会社を支援したり、買収したりすれば、ボロ病が感染して本体を危うくさせるとの教訓有り。
一般企業による経営再建策は、ハゲタカの投資ファンドが手段を選ばず業績を改善させ、その後、持株を高値で売却するのとでは大きな違いがある。
はしかの感染力はインフルエンザの10倍とされる、似たようなものだろう。

神奈川県地盤の家電量販店のノジマは、2015年に携帯電話販売のITXを買収、2017年には(富士通から)ニフティを買収している。2019年には・・・。

 
[ 2019年4月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ