アイコン パチンコ店「アカダマウエスト」の(株)赤玉(東京)/破産手続き開始決定 新コロナ補償なしの営業休止要請

 

スポンサード リンク
 
 

パチンコホール経営の(株)赤玉(登記簿上所在地:愛知県名古屋市名東区本郷2-173-4 支店登記:東京都杉並区西荻南3-14-7 代表:玉井俊治)は4月15日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約37億円。

資本金8000万円。

同社は昭和34年7月設立まパチンコホール。東京杉並区で「アカダマウエスト」、足立区で「アカダマキャニオン」、荒川区で「アカダマサザンクロス」のほかカラオケ店なども経営し、以前は200億円以上の売上高を計上していた。

しかし、不況下、政府によるパチンコ規制強化が続き、令和元年8月期には55億円の売上高まで減少、大幅な債務超過となっていた。こうした派日しい資金繰り中、今般の新コロナにより、集客不足に陥るとともに都から補償なしの営業休止要請を受け万事休す、過去の設備投資にかかわる借入金も大きく、先行きも見えず、今般の事態に至った。

破産管財人には三森仁弁護士(03-5219-2258)が選任されている。


 

アカダマウエスト

 

[ 2020年4月16日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産