アイコン 全国44店舗出店のキャスキッドソンジャパン(株)(東京)/破産手続き開始決定 負債60億 新型コロナ関連倒産

 

スポンサード リンク
 
 

インテリア雑貨のキャスキッドソンジャパン(株)(所在地:東京都港区北青山3-5-43 代表:ジェニー・マユコ・ワカナ)は4月22日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約60億円。

資本金は1000万円。

同社は平成26年11月設立の英キャスキッドソン社の商品販売目的で設立され輸入家具、インテリア雑貨品販売会社。インテリア用品やタオルなど日用雑貨品、服飾まで取り扱い全国の44の商業施設に入居して販売していた。しかし、本国のイギリスが新コロナ感染拡大で非常事態宣言を発令、外出禁止令が出され本社が休店して業績悪化、仕入れもままならなくなり、また同社が入店する商業施設も休業が相次ぎ、先行き見通しも立たず、今回の事態に至った。

破産管財人には幸村俊哉弁護士が選任されている。

 

キャスキッドソン

[ 2020年4月22日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産