アイコン 旭東電気(株)(大阪)/民事再生申請 負債64億 新型コロナ関連倒産

 

スポンサード リンク
 
 

安全ブレーカー・漏電遮断器製造業の旭東電気(株)(所在地:大阪府大阪市旭区新森6-2-1 代表:澤田康博)は4月28日、大阪地裁おいて民事再生法の適用を申請、監督命令と弁済禁止の保全処分を受けた。

負債総額は約64億円。

資本金は9900万円、従業員は339名。

同社は昭和20年11月に創業、昭和24年10月に法人化へ、業績が低迷する中、新型コロナによる影響で資金繰りが悪化、今回の処置となった。

申請代理人は佐藤俊弁護士(問合せ専用電話番号:06-6208-1323)ほか、監督委員には松本洋介弁護士(電話番号:06-6344-5198)が任命されている。

 

スポンサーには加賀電子(株)が手を挙げている。

[ 2020年4月28日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産