アイコン (株)萬松(東京)/破産手続き開始決定 埼玉寄居町・大分中津市 負債21億円 新型コロナ関連倒産

 

スポンサード リンク
 
 

自動車用プラスチック成形品製造や塗料設備販売の(株)萬松(所在地:東京都新宿区高田馬場3-8-5 代表:松下博)は4月28日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債額は約21億円。

資本金は1000万円、従業員は133名。

同社は昭和33年創業の自動車メーカー向けプラスチック製品加工や塗料設備の販売会社。自動車用の小物入れ、カップホルダー、カードキー、エアバッグなどの内外装品を取り扱い、塗料や塗装設備の販売も手がけ、以前は50億円以上の売上高を計上していた。しかし、自動車メーカーの販売不振や海外生産の増加により、同社の売上高は平成31年4月期には28億円台まで減少、さらに今年は新コロナ感染拡大を受け、自動車メーカーの操業停止などの影響を受け、売上高が急減し、先行きの見通しも立たず、今回の事態に至った。

破産管財人には南賢一弁護士(電話番号:03-6250-6200)が選任されている。

 

スクロール→

社名

株式会社萬松(MANSHO CO., LTD

所在地

東京都新宿区高田馬場3丁目8番5号

代表者

松下 博

設立

昭和33315

資本金

10,000千円

拠点

営業所  3ヵ所(東京、埼玉、大分)

事業所  2ヵ所(埼玉、大分)

海外拠点 2ヵ所(フィリピン、メキシコ)

従業員数

146

(本社:26名 埼玉事業所:86名 九州事業所:34名)平成234月現在

事業内容

■工業用資材の販売

塗料、コーティング材、樹脂材、フィルム、薬剤、機能性材料、消耗品等

■各設備、機器、治具類の販売

塗装設備、自動機、印刷機、成形機、各種治具等

■成形、塗装、印刷、レーザー、組立の請負

樹脂成型及び塗装、印刷、レーザー、組立作業

の請負(一部協力メーカーにて)

 

[ 2020年4月30日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産