アイコン 追報:元理事長が業務上横領で起訴 学校法人明浄学院(大阪)/民事再生手続き開始・管理命令

 

スポンサード リンク
 
 

既報。大阪観光大学・明浄学院高等学校を運営の学校法人明浄学院(所在地:大阪府泉南郡熊取町大久保南5丁目*** )は3月31日、大阪地裁において再生手続きの開始決定を受けました。

申請時の負債総額は約7.7億円。

同法人は昭和20年6月に財団法人として設立された学校法人。

同法人は、平成29年7月に大橋美枝子元理事長が、法人資金1億円を仮想通貨に流用していたこと、さらに法人土地売却資金(手付金)21億円が所在不明となっていることを公表。

業務上横領の疑いで大阪地検の家宅捜索を受けたほか、令和元年12月には大橋美枝子元理事長ほか関係者の計6人が大阪地検特捜部に逮捕された。

金融業者から土地担保に資金調達し、学院運営を続けてきたものの理事選任などを巡って混乱。今年3月には大阪地方裁判所により理事長らの職務を停止する仮処分決定を受け、動向が注目されていた。

管財人には中井康之弁護士(所在地:大阪市中央区北浜2丁目3番9号人商八木ビル2階 堂島法律事務所)が選任されている。

再生債権の届出期間は令和2年5月8日まで。

再生債権の一般調査期間は令和2年5月29日から同年6月12日まで。

事件番号は令和2年(再)第4号となっています。

 

既報記事
大正創業の学校法人明浄学院(大阪)/民事再生申請 元理事長が業務上横領で起訴


 

[ 2020年4月10日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産