アイコン 追報:「萩グランドホテル天空」の長州観光開発(株)(山口)/破産手続き開始決定 新型コロナ関連倒産

 

スポンサード リンク
 
 

既報。観光ホテルの長州観光開発(株)(所在地:山口県萩市大字古萩町*** )は4月7日、山口地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

停止時の負債総額は約18億円。

資本金は9000万円、従業員は30名。

同社は昭和47年7月設立の観光ホテル「萩グランドホテル天空」経営会社。同ホテルは総客室数183室、最大収容人数800名、240畳大宴会場完備、500坪の庭園大温泉「弘法寺の湯」など設備し、当地では大手観光ホテル。

以前はパチンコ業界へも参入していたが規制強化により撤退し、ホテル事業に専念、県内外から観光客を集客していた。しかし、バブル崩壊後の長期不況、続く消費不況に売上高も7億円前後までに半減し、そうしたところに、新コロナ感染拡大で3月・4月の予約客の大量キャンセルが発生、資金繰りにも窮し事業継続が困難となり、今回の申請となった。

破産管財人には、猪俣俊雄弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和2年8月7日午前10時30分。

事件番号は令和2年(フ)第39号となっています。

 

「萩グランドホテル天空」

既報記事
「萩グランドホテル天空」の長州観光開発(株)(山口)/自己破産申請 新型コロナ関連倒産

 

 


 

[ 2020年4月15日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産