アイコン 婦人服52店舗展開の(株)ハヴァナイストリップ(兵庫)/自己破産申請 百貨店休業ダメージ 新型コロナ関連倒産

 

スポンサード リンク
 
 

レディスウェア販売の(株)ハヴァナイストリップ(所在地:兵庫県神戸市中央区上筒井通3***)は5月25日、神戸地裁において自己破産を申請、保全管理命令を受けた。

負債総額は約11億円。

資本金は4000万円、従業員は181名。

同社は昭和49年創業の婦人服販売業者。社名をブランド化させ、全国の百貨店や大型商業施設など52店舗を展開していた。主力のミセス向け婦人服のほかインテリア雑貨などを販売し、積極的に店舗開設を行い、以前は41億円以上の売上高を計上していた。

しかし、その後は消費不況が長期にわたり続き、百貨店の集客力も落ち、同社は不採算店の閉鎖など行い令和元年7月期には20億円台まで売上高が減少、厳しい経営状態となっていた。

同社は若いキャリア女性向けを強化するなど手を打っていたが、今般の新コロナにより、百貨店や大型商業施設が休業し、同社は販売できず、急速に資金繰りに窮するようになっていた。営業は継続する方針。

申請代理人は小野法隆弁護士(電話番号:078-392-3100)ほか、保全管理人には弁護士法人神戸シティ法律事務所(電話番号:078-393-1350)が任命されている。

 

[ 2020年5月25日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産