アイコン (有)くまもと商店(宮崎)/民事再生申請 コロナ関連倒産

 

スポンサード リンク
 
 

業務用食材卸の(有)くまもと商店(所在地:宮崎県宮崎市恒久南2***)は4月30日、申請処理を真早流踏雄弁護士(電話0985-23-1355)ら一任して、宮崎地方裁判所へ民事再生法の適用申請し、監督命令を受けた。監督員には、洲崎達也弁護士(電話0985-89-5022)が選任されている。

負債額は約2億5千万円。

同社は昭和60年7月設立の業務用食材の卸会社。宮崎県から鹿児島県の旅館・ホテルや、結婚式場、ゴルフ場などに、業務用食材を提供し、以前は5億円以上の売上高を計上していた。

しかし、旅行客の減少、ゴルフ場での飲食の減少、少子高齢化と簡素化された結婚式により、同社の令和元年6月期の売上高は3億円台まで減少、ここに来て、新コロナにより臨時休業する客先が続出、資金繰りに窮し、新コロナ終息の見通しもたたず、今回の事態に至った。

[ 2020年5月 7日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産