アイコン コマツ 20年3月期 減収減益 地域別販売状況

 

スポンサード リンク
 

同社の売上高は世界各国のインフラ投資に左右される。景気が良ければ民需が活発となり、悪ければ公共投資により改善する。景気梃入れ策の公共投資拡大に至るまでが厳しい。

今後、新コロナでの経済打撃で産業刺激策・回復策として大規模な公共投資が世界規模で敢行されるものと見られる。


スクロール→

コマツ 20年3月期決算 

/百万円

売上高

営業利益

営利率

税前利益

帰属利益

17/3

1,802,989

174,097

9.7%

166,469

113,381

18/3

2,501,107

271,581

10.9%

291,807

196,410

19/3

2,725,243

397,806

14.6%

377,471

256,491

20/3

2,444,870

250,707

10.3%

223,114

153,844

20/19

-10.3%

-37.0%

 

-40.9%

-40.0%

21/3

新コロナ影響により未公表

 


スクロール→

コマツ 20/3期 建機・車両販売状況

/百万円

売上高

前期比

構成

日本

310,856

-0.6%

14.1%

北米

573,587

-6.3%

26.0%

中南米

309,255

-5.0%

14.0%

欧州

219,728

5.9%

10.0%

CIS(旧ソ連)

12,710

-5.4%

0.6%

中国

127,064

-22.9%

5.8%

アジア

205,761

-39.3%

9.3%

オセアニア

203,397

-5.7%

9.2%

中近東

30,655

1.2%

1.4%

アフリカ

98,263

-20.8%

4.5%

合計

2,205,976

-10.6%

100.0%

 


スクロール→

コマツ 2020年3月期決算

/百万円

売上高

前期比

営業利益

前期比

営業利益率

建機・車両

2,211,263

-10.8%

227,311

-37.6%

10.3%

リテールF

70,910

11.5%

12,673

-27.6%

17.9%

産業機械

177,586

-12.6%

13,703

-26.5%

7.7%

調整

-14,889

 

-2,980

 

 

合計

2,444,870

-10.3%

250,707

-37.0%

10.3%

 

[ 2020年5月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産