アイコン 新型コロナがトドメ 山東如意グループの(株)レナウンが民事再生へ 負債約139億円

 

スポンサード リンク
 
 

中国の繊維会社大手で山東如意グループ(山東省)の連結子会社の(株)レナウン(所在地:東京都江東区有明3-6-11 代表:毛利憲司社長)は5月15日、子会社であるレナウンエージェンシー(同所)によって民事再生手続き申請、同日に開始を受けたことがわかった。

負債総額は約139億円。

資本金は184億7106万460円。

同社は平成16年3月設立(旧法人:明治35年創業、昭和22年設立)、業績が低迷する中、親会社のグループ会社の延滞した売掛金引当などで2019年12月期で2期連続の最終赤字を計上、親会社の本拠地である中国から発生した新型コロナが最後の一押しとなり今回の事態となった。

管財人には永沢徹弁護士(所在地:東京都中央区日本橋3-3-4)が選任されている。

 

レナウン   画像はレナウン本社(ウィキペディアより)

 

[ 2020年5月27日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産