アイコン 追報:(株)ロイヤルオークリゾート(滋賀)/破産手続き開始決定 負債50億 新型コロナ関連倒産

 

スポンサード リンク
 
 

既報。リゾートホテル経営の(株)ロイヤルオークリゾート(所在地:滋賀県大津市萱野浦23-1 代表:菅谷順一)は5月1日、大津地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約50億円。

資本金は1000万円、従業員はパートアルバイト含んだ220名。

同社は平成14年3月設立の琵琶湖のリゾートホテル「ロイヤルオークホテル」経営会社。バブル後期の平成2年に琵琶湖湖畔で開業したリゾートホテルがバブル崩壊で経営破綻、同社が平成15年7月に買い取り、ホテルの営業を再開させていた。

客室167室の大きなホテルで、レストランやブライダルにも対応、一時は人気を博した。その後、リーマン・ショックで客足が落ちたが、インバウンド効果を受け、平成26年3月期には31億円の売上高を計上していた。しかし、インバウンド効果は京都観光客が主で、京都に大型ホテルがいくつも建ち、同社は再び集客不足に陥っていた。そして今般の新コロナ問題により、大量の予約キャンセル、利用客が大幅に落ち込み破産申請、今回の事態に至った。

 破産管財人は野嶋直弁護士(大津市梅林1-3-10、大津総合法律事務所、電話077-511-3575)。財産状況報告集会期日は9月9日午前10時30分。

既報記事
(株)ロイヤルオークリゾート(滋賀)/自己破産申請 負債50億 新型コロナ関連倒産

 

 


 

[ 2020年5月12日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産