アイコン 結婚式場の(有)黄鶴(千葉)/自己破産へ 「ヒューマンプラザ黄鶴」 新型コロナ関連倒産

 

スポンサード リンク
 
 

「ヒューマンプラザ黄鶴」運営の(有)黄鶴(所在地:千葉県旭市鎌数***)は6月1日、同日までに事業を停止して、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

負債総額は約10億円。

資本金は1000万円。

同社は昭和40年創業の総合結婚式場「ヒューマンプラザ黄鶴」と中華レストラン「黄鶴」の経営会社。以前は5億円以上の売上高を計上していたが、その後は少子化、競争激化、結婚式の小規模化などから令和元年6月期には3億円台まで売上高が減少、過去の設備投資にかかわる借入負担も重く経営不振が続く中、今般の新コロナにより結婚式のキャンセルが相次ぎ、結婚式の激減から同社は資金繰りを急悪化させ、今回の事態に至った。

担当弁護士には、玉木賢明弁護士(電話番号:03-3358-1510)が任命されている。

 

ヒューマンプラザ黄鶴

 

 

[ 2020年6月 3日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産