アイコン ホテル受託運営のKOSCOINN(株)(愛知)/民事再生申請 新型コロナ関連倒産

 

スポンサード リンク
 
 

ビジネスホテル運営のKOSCOINN(株)(所在地:愛知県名古屋市中区錦*** 登記簿上所在地:愛知県名古屋市東区東桜1***)は6月23日、名古屋地裁ににおいて民事再生法の適用を申請、監督命令を受けた。

負債総額は精査中。

資本金は1000万円。

同社は平成21年4月設立のビジネスホテルやシティホテル、観光ホテルの運営受託会社。

関東から九州まで16ヶ所のホテルを受託運営していた。ホテル資産を抱えず、効率化により収益の向上させ、平成27年6月期には約12億円、令和元年期には17億円以上の売上高を計上していた。

しかし、令和元年期は一部ホテルからの撤退もあり、改修工事に伴う経費など特別損を計上して赤字に至り、さらに今般の新コロナで、キャンセル客が続出、ビジネスホテルも外出自粛要請で激減し、急激に資金繰りを悪化させ、抜本的に財務内容を改善させ、再起を図るため今般の民事再生の申請となった。

申請代理人は小林智哉弁護士(電話番号:052-953-7060)、監督委員には西脇明典弁護士(電話番号:052-232-3760)が任命されている。
 



 

[ 2020年6月25日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産