アイコン 那覇市 「教育格差」解消にクーポン発行へ

 

 
 

沖縄県那覇市は、家庭環境による「教育格差」の解消に向けて、生活保護世帯の児童を対象に、学習塾や家庭教師の費用として利用できるクーポンを発行する施策を始めることになった。

この施策は、経済的に困窮している家庭の子どもたちが、小学4年生ごろから学力が大きく低下する傾向にあるとして、市内在住で生活保護世帯の4年生から6年生の児童を対象に、8月から始めるという。

以上報道より参照

市によれば、こうした取り組みは沖縄県では初めてで、参加する学習塾や家庭教師なども募集しているという。

貧困や格差は教育からくる。

勉強の楽しさや大切さを教えるのもまた教育である。

 

 


「教育格差」解消にクーポン

那覇市は、家庭環境による「教育格差」の解消に向けて、生活保護世帯の児童を対象に、学習塾や家庭教師の費用として利用できるクーポンを発行する施策を始めることになりました。

[ 2020年6月29日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産