アイコン 大阪神戸冷食(株)(兵庫)/自己破産へ 新型コロナ関連倒産

 

スポンサード リンク
 
 

冷凍調理食品卸の大阪神戸冷食(株)(所在地:兵庫県神戸市兵庫区中之島1***)は7月23日、事業を停止して、破産申請の処理を弁護士に一任した。

負債総額は約5億円。

資本金は6000万円、従業員は28名。

同社は平成5年10月設立の冷凍調理食品卸会社。外食事業者や給食事業者向けなどに向け冷凍食材を扱い、以前は25億円以上の売上高を計上していた。しかし、その後は病院向けなどが減少し続け、一方、労務費や物流コストは増加して採算性を悪化させ、令和元年11月期には16億円台まで売上高も落ち、赤字から債務超過に至っていた。厳しい資金繰りが続く中、今般の新コロナにより受注が急減し、事業継続を断念した。

担当弁護士には、西川大貴弁護士(電話番号:06-6231-3210)ほかが任命されている。

 

[ 2020年7月27日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産