アイコン コーセーアールイー 一時ストップ高 中間決算好調

 

スポンサード リンク
 

資産運用型マンション、分譲マンション、マンション管理を主に行うコーセーアールイーは8日、2~7月期の連結営業駅が17.3%増の2億73百万円と発表し、9日は朝からストップ高となっている。当期は資産運用型マンションが好調だったという。
同社は不動産開発会社にあって、先を見て至って慎重な開発を行い堅実な経営を行っている。福岡の不動産開発会社は業績増に酔う経営者が多く、大きくなっては潰れる歴史を繰り返している。そうした中で同社の経営は際立っている。

同社の今朝の株価は前日の500円から600円とストップ高になり、その後、580円前後で取引されている。
同社株はここ5年安値圏にあり、安全資産としての価値もあろうか。借り入れが前期残で増加しており、種を撒いているものと見られる。自己資本も71億59百万円、42%の安全域。

 


スクロール→

 第2四半期 累積決算

連結/百万円

売上高

営業利益

←率

経常利益

株主利益

20/1期Q2

4,218

233

5.52%

252

151

21/1期Q2

3,847

273

7.10%

321

202

212/222

-8.8%

17.2%

28.5%

27.4%

33.8%

21/1期予想

9,300

670

7.20%

652

485

201月期

9,055

624

6.89%

643

425

21期予/20期比

2.7%

7.4%

 

1.4%

14.1%

19/1

12,150

1,548

12.74%

1,544

1,019

18/1

12,889

1,784

13.84%

1,750

1,154

 

[ 2020年9月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産