アイコン 三陽商/今期35億円の最終赤字 160の不採算売り場から撤退へ

 

スポンサード リンク
 
 

6日、三陽商会はこれまで予想未定としていた今期、2021年2月期の連結最終損益が35億円の赤字となる見通しだと発表、前期は26億円の赤字。

新型コロナウイルスの影響により、主要販路である百貨店や商業施設、直営店での販売が振るわないことを反映したもので、前期は14カ月の変則決算。

売上高は前期比45%減の380億円、営業損益は85億円の赤字となる見通しで、前期は28億円の赤字。


 

20年9月~21年2月の下期販売状況は厳しい推移が見込まれるとしており、約160の不採算売り場の今期中の撤退などコスト削減を徹底する方針も示している。

繰り越し在庫の管理や店舗撤退などによる販管費削減などにより22年2月期の営業黒字化を目指すとしている。

以上、報道より参照



 

[ 2020年10月 6日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産