アイコン 直近のイタリアの第2波派襲の状況 日に2.3万人越え

欧州で最初にロックダウンを発したイタリア、ベネチアで恒例のカーニバルが開催されていたことから、世界中から観光客が集まり、観光客を介して感染拡大、それは欧州各国、世界中に感染を拡大させる起点ともなった。当然、中国からのビジネスマンや観光客が大勢訪れ、感染源の一つになっていた(イタリア人の中国からの帰国者も感染源の一つとされていた)。

3月の第1波襲来持の感染者数は日平均3千人程度でパニック状態に陥ったが、第2波では7倍の2.2万人が直近1週間平均で感染している。

イタリア政府は10月13日から規制強化に入っているが効果はなく、ラツィオ州は21日からイタリア全土への渡航禁止(移動には許可必要)、カンパニア州では10月23日から他県への移動禁止措置をとっている。政府も何かさらなる規制強化を図る予定だが、政府自身がゴチャゴチャ状態。

スポンサーリンク
 

 


スクロール→

月間と直近1週間の感染者数

イタリア

 

月間

累計

日平均

2月

1,128

1,128

39

3月

104,648

105,776

3,376

4月

99,673

205,449

3,322

5月

27,551

233,000

889

6月

7,599

240,599

253

7月

6,938

247,537

224

8月

21,680

269,217

699

9月

45,644

314,861

1,521

10月

332,811

647,672

11,094

累計

647,672

 

 

死亡者数

38,618

 

 

直近1週間

1024

19,644

人口:6043万人

1025

21,268

1026

17,007

1027

21,991

1028

24,989

1029

26,826

1030

31,082

162,807

日平均

23,258

 

[ 2020年11月 2日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧