アイコン デンマーク ミンク1700万匹殺処分 新コロナ伝播

デンマーク政府は4日、突然変異を起こした新型コロナウイルスが、毛皮取得用のミンク(食肉目イタチ科ミンク属)農場で検出され、ヒトへの感染が確認されたため、国内のミンクをすべて殺処分する方針を明らかにした。

デンマークのメッテ・フレデリクセン首相は、突然変異について「将来の(新型コロナウイルス)ワクチンの効果が、きちんと出ない恐れがある」と説明し、「すべてのミンクを殺処分する必要がある」と表明した。

トーキル・フォーグダ警察署長は殺処分を「できる限り早く」開始する方針を示した上で、農場1080ヶ所のミンク1500~1700万匹の殺処分は「非常に大規模な作業」だと認めた。
ミンクの毛皮生産量世界一の同国ではこれまで、ミンク農場207ヶ所で新型コロナウイルスが検出され、一部ではウイルスが突然変異を起こし、ヒトが変異型ウイルスに感染したことも確認されている。

変異型ウイルスについて、保健当局も「通常のウイルスと同程度の抗体で阻害されない」と結論付けていた。
以上。

スポンサーリンク
 

アジアなどに住むシベリアマーモット(齧歯目リス科マーモット属)はコロナウイルスの宿主となり伝播させることは知られているが、ミンクと系統は異なる。しかし、同じような小哺乳動物(マーモットは世界中の山間部に生息している)。
新コロナウイルスが、ミンクで突然変異を生じさせ、人に伝播した場合、ワクチン効果が期待される効果より、変数が生じるとされている。

すでに、新コロナウイルスは、アジア中国型、欧州型、東京埼玉型など世界各地に少しずつ変異しており、欧米のワクチン開発会社もそうした効果確認のための対応から、世界各地で最終の第3相の臨床試験を行っている。


 

[ 2020年11月 5日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧