アイコン 中国、独製冷凍食品(包装紙)からウイルス検出 感染者も

天津市は8日、同市浜海区内の冷凍倉庫に一時保管されていたドイツから輸入した冷凍食品の包装外部から新型コロナウイルスが検出されたと発表した。検査の結果、作業員1人も感染していることが確認されたという。
中国では輸入冷凍食品やその外装から新型コロナウイルスが検出される例が相次いでいる。
山東省徳州市では7日までに、冷凍豚肉から新型コロナウイルスの遺伝子が検出された。

天津港経由で輸入され、冷凍庫で一時保管されていた商品だったため、通報を受けた天津市当局が、ウイルスに汚染された可能性がある冷凍食品、冷凍庫、輸送車、感染した可能性がある作業員や作業員と密接な接触をした人を検査した。検査の結果、作業員1人がPCR検査で陽性を示し、冷凍庫の扉1ヶ所にウイルスが付着していたことも分かった。

中国では7月ごろから、輸入冷凍食品からの新型コロナウイルスの検出が相次いでいる。7月から8月中旬にかけては、全国9ヶ所で検出されたという。
当初は感染力を持たない「ウイルス遺伝子の痕跡」(不活性化ウイルス)が検出されていたが、10月になってからは、山東省青島市で、感染力のあるウイルスが冷凍タラの外装から検出された。北京市は10月初旬の時点で、市内の冷凍食品の輸入業者に対して、新型コロナウイルス感染症が多発する国などからの商品の買い付けをやめるよう要請した。

 

世界保健機関(WHO)は8月14日時点でコロナウイルスについて「食品包装の表面では増殖できない。食品の包装材を消毒する必要はないが、食品包装の取り扱い後および食品の喫食前には適切に手を洗うべき」などとする声明を発表している。
以上、

WHOの見解だと食品包装のコロナウイルスは活性ウイルスだが増殖はしない。しかし、触った人は適切に手洗わなければ感染リスクがあるとしている。
食品包装で増殖しないというのは包装の素材や各種条件もあり、一方的と断言できないのではないだろうか。

感染拡大地では、特に、スーパーの冷凍食品売り場の冷凍食品も購入後は、冷凍庫などへの収納前に消毒する必要があるかも・・・。
NHKの報道では、マイナス80度でも3週間ウイルスは生きており(活性化したまま)、逆に56度の高温では数時間で死滅(不活性化)すると報じていた。

秋から冬、低温と乾燥により、新コロナウイルスはより長生きし、より遠くへ飛んでいく。ドアノブ等接触感染、歌や歓声、大声の飛まつ感染、会話での接近飛まつ感染、3蜜に注意しましょう。
職場でもマスクをしましょう。
お互いの健康の幸せのためにこうした自己防疫を徹底しましょう。

[ 2020年11月10日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産