アイコン 北海道庁職員らの労組5人 新型コロナに感染 時短要請方針示した日に会食

報道によれば・・・

18日、北海道庁職員らで運営している自治労全道庁労働組合連合会は、札幌市の歓楽街、ススキノ地区の飲食店で6日夜に開いた会食に参加した道職員ら5人の新型コロナウイルス感染が判明したと明らかにした。

6日は・・・

鈴木直道知事が同地区での感染拡大を受け、道独自の警戒ステージを「2」から「3」へ引き上げて飲食店などに営業時間の短縮を要請する方針を示した日だった。

以上、報道より参照

 

 

スポンサーリンク
 
 

労組の立蔵賢司書記長は「注意、配慮すべきだった。率直に反省している」と述べているが、率先して自粛すべき公務員らがこれでは止まるものも止まるまい。

確かにすすきのは、全国から他県民が遊びにくるほど人気(特に男性に)ではあるがコロナ禍ではそれが裏目にでたようだ。

キャバクラ

ソース:https://news.yahoo.co.jp/articles/

[ 2020年11月20日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧