アイコン 中国製監視カメラを韓国軍が調達 バックドア・ウイルス発見

韓国の保守系最大野党「国民の力」に所属する河泰慶議員は26日、「中国企業が韓国軍に納品した監視装備から、軍事機密を盗み出す悪性コードが発見された」と明かした。
幸い、当該装備の運用前に軍が問題を発見したという。
河議員が韓国国防部から提出を受けた資料によると、
安保支援司令部は最近、海岸警戒などに使用する監視カメラに中国企業が軍事機密をひそかに盗み出す悪性コードを埋め込んでいた事実を突き止めた。
この装備は、韓国軍の海岸・河岸科学化警戒事業で韓国軍に納品された215台の警戒用監視カメラ。
 韓国軍は「監視カメラ管理用のウェブページに、中国の悪性コード流布サイトのIPアドレスが設定されており、緊急措置が必要」と明かした。

スポンサーリンク
 

当該IPアドレスで、かつて多数の悪性コードがばらまかれた前歴があることを確認したという。
監視カメラを組み立てる過程で中国企業がIPを任意に設定し、韓国側へ納入したことが確認された。
 韓国軍当局は、映像情報を他の装置に保存できるよう中国企業が保存ルートを任意に変更することが可能となっており、外部の人間が侵入できるように遠隔アクセス可能なネットワークが開かれていたことも確認した。
危うく、接境地域の警戒に関する軍事機密が中国に漏れかねなかった。
しかし、韓国軍は「中国製のパーツの使用に伴う直接的なセキュリティー上の弱点は発見されなかった」とし、「中国企業の故意であるかどうかは確認に制限がある」とコメントした。
河議員は「韓国軍の監視装備から悪性コードが発見されたのは今回が初めて」とし「韓国軍で現在運用中の監視装備も緊急に全数調査しなければならない」と語った。
以上、韓国紙

監視カメラ大国の韓国、何ゆえ国産品を使用せず、中国製を導入したのだろうか。ここに親中文政権の謎謎が隠されているようだ。
米国ではオバマ政権時代から、スマホ、パソコン、サーバー、通信中継機器、監視カメラなどの中国製電子機器を政府機関や防衛機関・防衛関連企業は使用するなと口酸っぱく通達が出されているにもかかわらず、今に至るまで韓国軍が使用しているようだ。監視カメラにかかわらず、いろいろな中国製電子機器が韓国軍に導入されているのだろう。

米国に対して2022年までに戦作権を返せという韓国文政権、返還のための軍事演習もろくにせず返せるか、こっちは28,500人の韓国駐留米軍人の命にかかわっていることだと米軍と対立している。
戦作権云々の前に、韓国軍の情報セキュリティに問題があるようだ。
危なっかしい韓国軍。命中率100%の国産迎撃ミサイルも暴発したし。


 

[ 2020年11月27日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧