アイコン 北海道新聞 親中派の親玉、二階氏の求心力急落と報道 中央マスコミいまだ批判なし?

悪代官、賄賂

報道によれば・・・

新型コロナウイルス対応などを巡り、自民党の二階俊博幹事長への逆風が強まっているという。

菅義偉首相を招いた多人数のステーキ会食を主催。

運輸族有力者として観光支援事業「Go To トラベル」継続を最後まで主張。

吉川貴盛元農水相の現金受領疑惑など自派閥の相次ぐ不祥事。etc・・・

さらに・・・

もともと他派閥との選挙区競合で党内の不満は蓄積しており、二階氏の求心力が急落する可能性もあるという。

派閥幹部は「不祥事といえば二階派ばかり。イメージが悪い」と頭を抱えているとか。

以上、報道より参照

 

 

 
 

 

ネットの反応では・・・

『やっと二階をマスコミが!と思ったら北海道新聞・・・』

『大手マスコミは中華にきゃんたま握られてるからか二階の批判しないよな、コロナ初動の遅れもこいつの所為だろ』

『さっさと昭和のミイラは退場しろよ』

『顔がいかにも悪そうで笑う』

『悪代官にしかみえん』

『売国中の売国、野中広務の直系

などの声が上がっている。

 

二階議員の輝かしい媚中記録。

この男、小沢の元子分にして日本の代表には決してなってはいけない男。

 

 

 

[ 2020年12月25日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産