アイコン 双竜自動車経営破たんで部品入らず2日間生産停止 会社更生法

 

 

12月21日裁判所に法定管理(会社更生法)を申請して再建を目指す双竜自動車は、部品メーカーの納品拒否により、生産を一時中止することになった。

双竜は24日と28日の2日間、平沢工場の稼働を停止すると23日発表した。

現在、双竜への部品供給を拒否しているのは、部品大手の現代モービス、S&T重工業、LGハウシス、ボルグワーナー梧倉、コンチネンタルオートモーティブの5社。

 業界関係者は「部品を供給する際には、手形を受け取るが、法定管理を申請したことに伴い、この手形が共益債権と見なされる可能性がある」として、「後日、代金の全額回収が困難になる恐れがあるとの判断から、部品メーカー各社は現金を要求している」と説明した。

双竜は「部品メーカー各社には、最大限の協力を要請している」として「法定管理申請と同時に自発的な構造調整プログラム(ARS)を申請したため、法定管理が直ちに開始されるのではなく3ヶ月という時間を稼ぎ、その間に投資誘致交渉を終えられれば経営正常化が可能だと訴えている」と説明した。

以上、

破綻しているにもかかわらず、高値で売却したいためARS申請、韓国ではそんな法制になっていることが問題、当然、法定管理申請後は現金取引が当たり前。

ただ、双龍自体の商品価値問題、生産するにも完全破綻のおそれもあり、アフターサービス問題、下取り・中古販売価格問題などもあり、今後、双龍の車両はまともな人ならば誰も買わないだろう。世の中はEV・自動運転車に動いている、新たな投資額も巨額を要し、双龍にそれに見合う投資するほどの商品価値があるのだろうか。経営者紛いの労働組合もある。

文在寅大統領は最初から最後まで失業問題を抱えており、大宇造船海洋のように政府系の産業銀行に抱えさせ、巨額投じ再建させ、現代自動車に買い取らさせるのだろう。

国家間で締結し国会で批准・承認された条約でさえ国内法で否定する国、何もかも韓国独特の制度なのだろうか。


 

[ 2020年12月24日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産