アイコン 「去年の静岡の企業倒産が2番目の低水準 なぜ?」ほか/倒産ニュースピックアップ

 

 
 

倒産バナー

 

なぜ? 去年の企業倒産が2番目の低水準 一方で倍増する業種も 静岡県内

報道によれば・・・

去年の静岡県内の企業倒産は低水準だった。

東京商工リサーチによれば、県内で1000万円以上の負債をかかえた企業の倒産は203件で、リーマンショック後では2019年に続き2番目に少ない。

新型コロナの経済対策として、政府や金融機関が資金支援を手厚く行った効果とみらているが、飲食業の倒産は倍増してる。



企業倒産 コロナ禍でも減

報道によれば・・・

東京商工リサーチが13日発表した2020年の企業倒産件数は、前年比7%減の7773件だった。2年ぶりに減少に転じ、1990年以来の低水準となった。

実質無利子・無担保融資などの政策支援が経営を下支えとなったが、すでに多額の借金を抱えた企業の借り入れ余力は乏しいうえに、緊急事態宣言の再発令で先行きは楽観できない。


12月の倒産4件 うち2件はコロナ関連 長崎県内

報道によれば・・・

東京商工リサーチ長崎支店は13日、12月の県内企業倒産状況(負債1千万円以上)を発表。

件数は4件(前年同月比2件増)で、負債総額は4億8600万円(同3億6100万円増)。

うち2件は、新型コロナウイルス関連の倒産で、雲仙市の製造業と諫早市の販売業。


 

ネットの反応では・・・

『どこも倒産少ないって記事が多いな』

『助成金が普通に業績が悪い企業を延命させたのか』

『200万だかで延命できるものなのか』

『助成金で延命した企業は今年が正念場だな』

『コロナ収束してないしいつまで続くのかわからない。恐ろしいな。不況はこれからか』

などの声が上がっている。

 

 

 

[ 2021年1月14日 ]
スポンサード リンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産