アイコン 済州島神話ワールドカジノから291キロの現生消える

 

 

ソウル新聞は7日、韓国済州島の神話ワールド・ランディングカジノで6日、保管していたカジノから重さ291キロに達する現金145億ウォン(約13.7億円)が跡形もなく消えるという事件が発生したと報じた。

事件のカギは、カジノ資金を管理していたマレーシア国籍の女性職員が握っているとされる。この女性職員は昨年末、休暇を兼ねて出国した後に連絡が途絶えており、現在は中東地域に滞在しているとみられているという。

カジノ関係者は「済州道のカジノには中国人富豪のVIP顧客が預けた現金が多いため、金庫にはオーナーが信頼する側近1~2人のみしか接近できない。今回の事件に(同女性職員が)関係していないわけがない」と話しているという。

また、別の業界関係者は「なくなった145億ウォンはランディングカジノの運営会社である香港のラムジョンの秘密資金である可能性もある。そのため(同女性職員が)大胆な犯行を行ったのだろう」と話したという。

香港の大手不動産開発会社のランディング・インターナショナル・デベロップメントのヤン・ジフイ会長が神話ワールド・ランディングカジノを運営している。

警察は、神話ワールドに設置された防犯カメラの映像を分析するなどして捜査を行っている。警察関係者は「金庫の場所から地下駐車場に直結するVIP通路があるとみられる。容疑者は職員の目を避けてVIP通路に持ち出した可能性が高い」とした上で、「1回ではなく数回にわたって取り出した可能性が高い。正確なことは防犯カメラを分析すれば分かる」と話しているという。

ランディングカジノは韓国内2番目の規模を誇るが、新型コロナウイルス事態の長期化を受けて経営難に見舞われているという。

韓国のカジノは20ヶ所あまり、しかし江原ランドの1ヶ所を除きほかは全部外国人向け、 新コロナによる海外からの旅行客の制限が経営を直撃している。

[ 2021年1月12日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産