アイコン 日韓火種をまた増やした韓国 3日間対峙 2月まで続くと

 

 

韓国の海警艇は、日本の海上保安庁の測量船が、長崎県男女群島女島の南西140キロ付近(韓国側は済州島南端西帰浦南東70海里(約126キロ/韓国発表値)の海域で、韓国の「排他的経済水域」(EEZ)だと主張し、3日間対峙しているという。

日韓関係を複雑化させ続ける韓国文政権、日本近海の海域でも自国海域だとイチャモンを付けまた問題を追加した。

韓国の海洋警察庁は12日、「10日深夜の午後11時45分、済州島の海上で日本の海上保安庁の測量船を発見し、海域外へ出るよう要求。韓国の海洋警察は3000トン級の海警艇を出動させ、午後3時現在まで当該測量船と3海里(約5キロ)の距離を維持し、活動を注視している」と明らかにした。

海洋警察当局者は「この海域は韓国と日本のEEZが重なる区域。両国が協議して決めなければならないが、双方ともに自国の海域だと主張している。我々は韓国の海域で正当な活動を行っている」と主張した。

NHKは11日、「海上保安庁の測量船『昭洋』が日本の排他的経済水域の長崎県の五島列島の女島沖の西140キロ付近で調査をしていたところ、韓国海洋警察庁の海警艇から無線で調査を中止するよう要求された」と報じ、韓国側が「韓国の海域で科学的調査を行うためには、韓国政府の事前の同意が必要である。直ちに調査を中止せよ」と要求したという。

これに対し、海上保安庁は「日本の排他的経済水域で、正当な調査活動をしている。直ちに中止要求を止めるとともに本船から離れなさい」と通告したと報じた。昨年8月にも韓国の海警艇との間で同じような摩擦があったと明らかにした。

日本と韓国は1999年1月に発効した「漁業に関する協定」を通じ、漁業については境界線を画定したが、EEZは日本の領土の竹島を韓国が実効支配していることから合意に至っていない。

国連海洋法条約によれば、各国は海岸線から200海里(約370キロ)までは自国のEEZを設定できるが、韓国と日本のように領土が面している場合は、交渉を通じ適切な中間線を引かなければならないが、策定しておらず、韓国は日本近海まで警備艇をよこしている。逆のケースを考えることを一切しない厚顔無恥の種族のようだ。

日本が朝鮮半島の24海里(領海+接続海域)×1.852キロ=44.5キロ離れた地点を日本が日本のEEZ内だとして日本が巡視船を常駐させたら、朝鮮半島の種族間ではヒステリーも極度に高まろう。緯度では熊本県の西に位置する。

日本は2月までに予定された調査を終えるという立場であり、韓国の海警艇が監視する中で測量することになる。

まるで、中国の切り込み隊長の役割を果たそうとしている韓国文政権、それは2017年10月31日、大韓民国という国家主権をかなぐり捨てて中国習近平国家主席様に対し「3不の誓い」(その一つの「日韓の軍事同盟はない」)を表明したことに始まる。
「3不の誓い」の狙いは、「THAAD制裁解除」と「国賓訪問」だったろうが、「THAAD制裁」解除は相手にされず、国賓訪問については2017年12月に受け入れられ訪問したものの、一人飯事件で明らかなように相手にされ(3泊4日/中国高官との食事は晩餐会含めて2回だけ)なかった。それでも、中国様に対して属国の態度を示し続けている。・・・今回の事象に中国は高笑いしていることだろう。

1972年2月当時、米国のニクソン大統領は国交正常化のため訪中し、周恩来首相に対して「南であれ、北であれコリアンは衝動的な人々だ。重要なのは、我々がこの『衝動的で好戦的な人々』が事件を起こし、我々の国(米・中)を困窮に陥らせないよう影響力を発揮することだ」と話したと米外交記録文書に綴られている。

隣国はEEZを主張して武装船で日本近海までやってくるほど好戦的な種族なのだろう。
鼻の下を長くした先代の爺様たちの失政の後遺症は今後とも未来永劫続くようだ。韓国の前任者が千年続くと述べたとおりになろうか。そのために火種を作り続けている。
日本を仮想敵国にして空母・原潜を造るそうだ。そのうち北朝鮮と一体化し、親方様の中国とともに世界制覇でもするつもりだろうか。

トランプ大統領が中国政策において、過去の政権者たちが失敗したのは、中国の国営企業や中国企業の紙切れを米国市場に上場させ巨額を懐に入れさせたものの、中国が民主化しないにもかかわらず、上場させ続けたことに今日の問題があるとしたことにあろうか。ISD条項さえ通用しない国だ。

 

[ 2021年1月13日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産