アイコン 米アマゾン 四半期で過去最高の1255億ドル売上(10~12月期)

アマゾン・ドット・コムが2日、2020年10~12月期の決算は、売上高が44%増の1255億5500万ドル(約13兆1870億円)だったと発表した。
新コロナ下の年末商戦でネット通販の利用が伸び、純利益は2.2倍の72億2200万ドル。売上高は10~12月期はクリスマス商戦期で膨らむ傾向にあるが、1000億ドルを上回るのは初めてとなった。純利益も過去最高を更新した。
2019年までは7月に実施していた大規模セール「プライムデー」を10月に移したことも底上げの要因になった。
米IT(情報技術)大手ではアップルも10~12月期の売上高が1000億ドルを超えた。

部門別では、主力のネット通販の売上高が43%増の664億ドル。「マーケットプレイス」に出品する事業者から受け取る手数料は54%増の273億ドル。
一方で「ホールフーズ・マーケット」など実店舗の売り上げは▲7%減、コロナの影響が続くなかで店舗はネットで生鮮食品を注文する人への配送拠点となっている。

このほか、データセンターのクラウド基盤を提供する「AWS」の売上高は28%増の127億ドル。前年比の成長率は鈍化しているものの、在宅勤務や自宅での娯楽を支えるサービスの隆盛により底堅い需要が続いている。

 

クラウド大手ではマイクロソフトもAWSと競合する「Azure」の売上高が10~12月期に前年比で50%増加している。

なお、トランプ政権から苛められ喧嘩していたベゾス氏は、がAmazonのCEOを退任し、ジャシー氏が昇格すると発表した。

ベゾス氏の個人投資会社がワシントン・ポスト紙を有し、トランプ氏いわく、FOXニュース以外はすべてフェイクニュース社とし、大統領の立場でありながら、CNNとワシントン・ポストのベゾス氏を一貫してたたき続けた。唯一のFOXニュース社も最後はバイデン氏勝利と報道し、トランプ氏から袂を分かった。
FOXニュースはメディア王のマードックが経営し、常に体制にベタベタ報道機関、今後の報道しだいではトランプ派の購読撤退が加速する可能性もある。
ベゾス氏は、ワシントンボストのオーナー、またアマゾンは配送を郵便局に依存していたことからトランプ氏から両面でたたかれ続け、結果、運送は自社配送を構築している。
トランプ氏退陣により、目の上のタンコブが除去されたことから、これまでの神経戦の疲労から開放を求め今回のCEO退任となったと見られる。
今後、何をするのだろうか。
米国のオーナーはBTSのシャツなど買わない。もっと人のために役立つことに財産を投資する。

[ 2021年2月 3日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産